応対も時は金成が創るメタバース世界

世の中の真理と仕組みについて理解を深め、自分だけの『人生の攻略本』の作り方を、リアルタイムでお伝えする、前代未聞の謎のブロガー。まだ見えぬはずの成功法則を、アニメやゲームに例えながら、欲求と共に読者の皆さまに届けます。

女の敵は女!「ブス」は「美人」より、3,000万円ぐらい損をしているの?

女性の皆様、決して悪気があって僕はそんなことを言っているわけではございません

しかしこの世の中の真理と仕組みを解明するためには、この事実から目を背けることが出来ません

ですので、今回はある本を読んだ時に、衝撃を覚えた時の話をしましょう

「美人は3000万円は得してる」とか、適当な検索ワードで調べてたら、上記の書籍に辿り着いてしまいました

一体何なんでしょうか・・・?この本は

 

僕が読んだことのある本は「ピンク色」をしていたから、たぶん上記の本ではなかったはず・・・

しかし、僕が読んだ本では2700万ぐらいだったような気がします

ただ、上記の本では3000万は格差が生まれてるとかなんとか

 

つまり、このことから全く別の2人の相場感覚でいくと、だいたい2700万~3000万と、結構ニアピンです

300万円の格差をニアピンと呼んでいいのか分かりませんが、1000万と3000万みたいな表現に比べたら、ニアピンです

おそらくこの書籍を描いたのは、女性と思われます

 

何故なら、女性にしか分からないことが、事細かく書かれているから・・・

つまり、女の敵は女!?

 

いや、まだ著者が敵かどうかなんか分からない

でもこの3000万損している。得しているって話は、本当なのかどうか

とりあえず僕自身の「世の中の真理と仕組み」について、考察してみて事実を当てはめていきたいと思います

 

まず美人が得をしている時はどういうシーンなのか!?

とりあえず高嶺の花に登場する「いちごちゃん」を確認してみましょう

 

僕も言ってみたいなぁ・・・人生イージーモード!!!って

まあこれは漫画の世界ですから、なんとも言えません

 

ですが、学校生活では正直そういうシーンがあったかは定かではないですが

職場において鼻の下伸ばしたきしょいおっさん共は確かに、若くてキレイな女性社員に対してはデレデレして、表情が優しくなるのに対し、40代50代の女性(美人とか関係なく)に対しては、ムスッとした無表情でキツく当たっていたシーンは、所々見かけました

パートのおばちゃん達がよく言っていた台詞は「あの人(おっさん)は、若くて可愛い女の子には優しくするけど、私らおばさんには態度が変わる」とのこと

関西だろうが、九州だろうが、北海道に行こうが、これはどこも共通してました

共通しているのは「若くてキレイだったら、おっさんは優しくなる」ようです。

 

しかし先ほども言ったように、美人であろうとなかろうと、40越えた女性は、決して優しい態度はないように思えました

僕の感覚だと、30越えたあたり女性たちには、上司やらおっさん社員共は、みんな厳しい態度でした

つまりこのことから、年齢制限はあるように思えました(感覚的に)

 

そしてもう一つ僕が見た光景ですが、研修生の女の子で、21歳か22歳くらいの女の子です

おそらく大学を卒業したら、正社員として入社すると思わしき女性なのですが、この20代前半の女性に対しても、二極化されていました

1人はなんていうか、容姿やスタイルでいうと、乃木坂48とかにいそうな女性

もう1人は、何ていったらいいのかな?芸人にいそうな感じで、体型も結構ポッチャリしていました

 

言うまでもありませんが、僕自身教育に公私混同は致しませんでした

キャリアウーマンとなるべく女性に対し、ビジネスの世界では平等に接するのが大人のマナーであると、僕は心得ております

しかし現実的な話をすると、先ほどの2人の女性を同じように教育していたわけですが、何故か芸人にいそうなポッチャリな表情の堅い女性は勤務態度がよろしくなかったです

 

なんだろう?笑顔が足りないのか、声の大きさなのだろうか?自信?

何かが違う・・・

あまりもう1人と比べるのはよくないですが、やはり比べてしまった場合、何かが差を生んでいました

 

そして当然のことですが、ブスか美人かとかそんなことは置いておいて、仕事のコミュニケーションに関しては、乃木坂に似た女性のほうが人気でした

芸人っぽい女性は、なんか孤立しているような状態でした・・・

ちなみに、彼女たちは年齢はほぼ同じ21歳ぐらいです・・・

 

このことから、年齢制限+容姿かどうか知らんが、勤務態度というのが大きく現れ、格差が生まれたように感じました(リアルな話)

もちろん人それぞれ違う環境で育ってきたから、なんとも言えません

 

そんで、とりあえずリアルな話はこれぐらいにして、じゃあ一体何故3000万損してるのかっていう話ですね

あくまで僕が予測するのは、年間だいたい100万円ぐらい得をしていたとして、15歳~45歳までの間で、年間100万×30年間としたときに、だいたい3000万ぐらいのお得感ではないかと思います

 

この年間100万ってのは別に、直接世の中の男性たちがお金を投げ銭しているわけではなく、見えない付加価値というものを提供しているのかもしれません

さっきの「いちごちゃん」の例でもありましたが、男性たちが「いいよいいよ!やっておくから!」みたいな感じになって、結果的に仕事が楽に終わるっていうことがあります

 

あと営業の話になりますが、ある保険会社かなんか知りませんが

そこで働く女性が物凄い営業成績を叩き出したということで話題になりました

法人相手だと、正直中々成約ってのは取ることは難しい中、彼女は法人相手にひたすら数字を叩き出したそうです

理由を聞いてみたところ、彼女はとにかく巨乳だったそうです

 

・・・世の中には、変態なおっさん多いな~と感じますが、しかし営業は結果が全てなので、ある意味その女性は凄かったです

なんせ、手段を問わず成果を叩き出していたのだから・・・

 

ただお金を貰えるだけでなく、何かとこういったビジネスシーンとかで有利となるのが「美人」の特権のようです

じゃあ「ブス」は諦めろ!というのかという話ですが

昔話題になったドラマ「ドラゴン桜」でこういう名言があります

バカとブスこそ、東大に行け!

なんかカイジ利根川っぽいことを言っていますけど、まあ正論ではありますね

昔からモテないやつは勉強して、いい大学に入って大金持ちになれとは言われてました

とりあえずこういう道もあるということですが、これは少々極論です

 

現在では、あんまり通用しなくなってきています

理由としては、ゆとり世代に原因があると思います

 

この世代は、いわゆるおサボリ世代です

現在30代を牛耳っているのは、紛れもないこの世代です

この30代のおっさんどもの知能がどれほどのものかは、「なんj民」という掲示を見てきたらすぐに分かります

30超えたおっさんどもの、全く中身の無いスレッドがたくさん並べられています

渋沢栄一について、かっこよく語る人がいるなら話は分かりますけど、だいたいは「35の派遣社員だけど、結婚は無理だと諦めている」だとか、「32歳のこどおじだけど、何か質問ある?」とか、「昭和生まれのおっさんどもが懐かしいと感じるものwwwww」みたいな感じのスレッドがたくさん並んでいます

 

まあちょっとぐらいそういうスレッドがあってもいいかなと思いますけど、あまりにもその数が多すぎます

そして極めつけは、まだそういう掲示板やらニコニコ動画関係ならまだしも、Yahooニュースとかで書いている記者の誤字脱字の激しさや、全く何を伝えたいのか分からないような記事を書いている方がいるようです

多くの目に触れるであろう場にも関わらず、その様です

 

ある学生?に質問されました

現代の日本人の脳は、退化している」と・・・

これには返す言葉が見つかりませんでしたので、とりあえずその場では「失われた30年」が原因とごまかしましたが、何の解決策にもなっていません

 

結局のところ解決するためには、自分を変えるためのきっかけが必要です

人との出会いが、だいたいのきっかけになります

彼氏の影響で、女性は化粧をしてオシャレをし、そして煙草を真似するとか言いますけど、たぶんカッコイイ男性と付き合った女性は、高確率で自分磨きをすると思われます

 

よく言われるのは、好きな男性が出てきたから、メイクを覚えた!キレイになるために努力した!というのを聞きます

つまり、男性に限らず女性でもいいですが、何か「好きな人」「憧れの人」「目標となる人」そういう人との出会いが大事ではないかと思います

9割は言いすぎなのかもしれませんが、そんぐら出会いって大事です

今あなたが自分の容姿やスタイルで悩んでいたとしても、それはあなたの素晴らしさを見つけてくれる人に出会えなかっただけです

 

必ずあなたの行動は、どこかで誰かの目に止まります

なので、行動をする前にまずは、「相手の立場から見て、自分はどんな風に見えているか?もし私が男だとしたら、私と付き合うだろうか?」など、現実逃避せず直視してください

 

無理に整形する必要はないです、まあこれも一つの手かもしれませんが

意外と「ブスは三日で飽きる」とも言われますが、長い結婚生活とか考えると、割かし超絶美人ほど幸せが長続きするわけではないということです

 

確かに環境は悪かった、それは認めざるをえません

今まで20年ぐらいずっといいことが無かった、だとしたら今後の40年はいい人生を送ればよい

 

全ては、きっかけ次第で変われる!

ただし、女の敵は女!ライバルには、ご注意くださいませ

本日もご愛読いただきまして、誠にありがとうございました(^〇^)